どっちも大事なツボなのかな

アルバイトや就職の際に履歴書と面接は付き物です。どちらが大事かと言われますと、面接の方を重要視する方の方が多いかと思います。しかし個人的に、なんですが、面接と同クラスで履歴書の方も大事だと思っています。というのも、面接ももちろん大事なんですけど、面接官や雇い主が最初に目にするのは本人ではなく履歴書なんですよね。何事もそうなんですけど、ファーストインプレッションってのは大事です。そう考えると、履歴書の存在ってのも存外馬鹿にできないものじゃないかと思うのです。

それに私の経験上なんですけど、履歴書からも人となりというのはそれなりに見えたりするものなんですよね。例えば字の綺麗さとか、記載されている内容とかですね。そこからでも少しは人物像というのは読めるものです。だからと言って面接を軽視するわけではありません。やはり次に自己アピールというものは必要になります。そこが面接で大事になってくる部分ですね。紙の上だけでは伝えきれないこともありますから、そこについては面接で、ということになるわけです。で、これは私の持論なんですが、履歴書と面接、両方のバランスがきちんと取れていることが、採用への1つのステップなのかな、とも思っています。これに関してはアルバイトも就職も同様だと思いますよ。まぁ1つの指針と言いますか、何かしらの参考になるという程度で読んでもらえれば幸いかと思います。さんざん失敗してきた私の持論ですから、ある程度信頼性はありますよ。…あ、失敗しているんだからないか(笑)

Categories:
タグ: ,
8月
8