しっかり書いて面接対策

アルバイトの面接の際に、履歴書を元にした質問ってのはつきものです。普通は学歴や今までの職歴、この場合はアルバイト歴ってことになるんでしょうけど、そういう型通りのものもあれば、ランダムなものもあるかと思います。そこで注意しなくてはならないのが履歴書の記載内容です。どうせアルバイトだから、と適当に書いていると存外痛い目を見ることがあります。私のちょっとやんちゃな友人ですが、適当に書いた履歴書で内容が面接の時の話とあまりにもちぐはぐすぎたので、結局そのアルバイト先の面接に落ちたことがありました。自分でも書いた内容を忘れるぐらい適当に書いたものですから、そりゃ確かにマズイですよね。

ここから先の話は就職活動の時にも役に立つ(と思う)内容ですので、ちょっと心して聞いてほしいんですけど、履歴書ってのは存外馬鹿にできないものです。特に記載内容についてはある程度しっかりと書くのがいいです。というのも、自分が内容を把握しやすくなるというのもあるんですけど、履歴書を元にした質問なんかにも返答がしやすくなるんですよね。事前に答えを用意しやすくなる、と言いますか。これがあまりにも雑だったり適当だったりすると、答えが準備しづらいんですよね。準備できても内容が薄い回答になってしまいます。それだと面接官にも薄い印象しか与えることができません。そういうわけで、履歴書の記載内容はある程度しっかり。そうすればどんな質問であってもある程度は回答できるものです。これから面接を受けるという方、応募の為に履歴書を書いているという方、いま一度手元の履歴書を見直してみておくのが良いかと思いますよ。

Leave a Reply